訳あり商品はよく考えよう

以前に、インターネットでりんごを1箱注文したことがあります。納期が11月末から12月半ばとありましたが、実際に届いたのは、12月末でした。わけあり商品ということで、外見にキズがあるが、味は絶品とのことでしたので、皮を剥いて料理に使えばいいと思っていました。

 

でも、届いた商品を見ると、スーパーでも見かけないくらい小さなサイズの商品が入ってたり、キズもちょっとしたキズでなく中までしみ込んだようなものもありました。自然のものだから仕方ないとは言え、あまりにも違うりんごの大きさと納品の遅さにはちょっと苛立ちを感じましたね。あと一日、納品が遅れていたら年末に帰省してしまっていたものですから。訳ありと言っても、もう少し消費者の気持ちをわかってもらいたいものですね。


このページの先頭へ戻る