実は意外に少ないインターネット通販によるトラブル報告

以前は雑誌広告の通販が、
トラブルも含めいろんな問題になりました。

 

それに比べてインターネット通販は
どれくらい被害報告がされているんでしょうか?

 

これは私の印象なのですが、
雑誌広告などの通信販売に比べると、
比較にならないほど静かなのではないでしょうか?

 

何故でしょうか?

 

ざっと考えてみますと、
インターネットが出来る人は、
雑誌利用者よりも明らかに人口が少なく、
また技術的(それに伴う知的または理性的)レベルが高い。
…という事になるのではないかと思います。

 

雑誌の通販を利用する人は、
雑誌を買える皆さんがターゲットですが、
インターネット通販を始める為には、
雑誌購入よりは明らかに高いハードルがいくつか存在します。

 

1・パソコンの知識
 2・インターネットプロバイダへの申し込み
 3・回線使用料の毎月の入金
 4・インターネットユーザーの厳しいチェック

 

その上、尚、過小評価して、ユーザー自身が、
インターネット通販に対して、
厳しい監視の目を育て続けています。

 

結果、インターネット通販にまつわるトラブル報告が、
雑誌通販よりも少ない様に思える結果になっているのでは
ないでしょうか?

 

ちょっと自信過剰かもしれませんが、
実はインターネット通販においては、
特筆すべきトラブルがほとんど報告されていないのでしょう。

 

以前はワンクリック詐欺などよく騒がれましたが、
携帯電話とは違い、PCによるインターネットでは、
ほぼ死後になってますよね。

 

それくらいインターネット通販はトラブルが少ないという事に
なるのではないでしょうか?

トラブルはあるの?-ネット通販の是非を考える記事一覧

インターネット通信販売は、雑誌やテレビの広告販売と違い、契約成立件数が少ないので、申し込まれた方も嬉しくてしょうがないんだと思うんです。ですからトラブルなんか絶対にあってはいけない。せっかく御注文頂いたお客様に、インターネット通信販売の素晴らしさを伝えたい。…という気持ちをいっぱい込めてそこまでやるか?…と突っ込みたくなるくらい丁寧に梱包して、説明書もびっしりと書いて、御不明な点はいつでも御連絡下...
インターネット通信販売におけるトラブルは、事前に想定する事が出来る事だらけなんですね。未入金トラブルもほとんど聞かないですし、配送トラブルは大手配送会社さんも、郵便会社さんも、配送に関しては命がけの様な顔つきでやってらっしゃいます。もしかしたら集配仕分けセンターで商品が乱暴に扱われてレ破損するとか、そういう部分での粗探しという感じですが、日本国内の業者さんはホントに丁寧なので。海外のテレビ番組で、...

このページの先頭へ戻る